サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


熾烈な競争の中でネットショップの成否を分ける鍵

開業準備

オンラインでショップを開業する方法についてご案内します。

成功するネットショップと失敗する
ネットショップ、
ほんのわずかな違いです。

EC市場は巨大である一方、熾烈な競争が繰り広げられています。
このような競争の中で、成功するネットショップもあれば失敗するネットショップもあるのが
厳しい現実です。どうしてこのような違いがでてくるのでしょうか。
細かい設定一つが、ネットショップの成否を分ける鍵になります。

 
01成功するネットショップ

以下に紹介するヒントを参考にして、ネットショップ運営を成功させましょう。

1. 正確で信頼性の高い情報の掲載

ネットショップに間違った情報が掲載されていれば、初めから顧客の信頼を失うことになります。
ネットショップに関連する情報を正確に表記することは、成功するネットショップ運営の第一歩です。

お客様サポートに関する情報

ネットショップ構築後、基本情報を設定する際に必ず記載しなければならないものの一つがお客様サポートに関する情報です。
商品や注文・配送などについて不明な点があったり、問題が発生した際の連絡手段が明記されていれば、顧客は安心して買い物をすることができます。
顧客からの問い合わせに迅速に対応できるよう、お問い合わせ先の情報を正確に記載しておきましょう。
お問い合わせ対応に相当な時間と労力が費やされるため、負担に感じるかもしれませんが、顧客からの意見はネットショップの短所を補うのに大きく役立ちます。

ネットショップ利用規約の表示

お客様サポートの情報と同様に、顧客がネットショップを利用する際、顧客の個人情報がしっかりと守られている中で安全に取引が行われるという確信を与える
必要があります。 そのためには、個人情報保護方針や利用規約などのネットショップ関連の利用規約を表示しなければなりません。
規約をきちんと読む顧客はあまりいないかもしれませんが、規約があるかないかで顧客の信頼を左右する要因にもなりかねません。

2. ユーザビリティを考慮したサイト構成

ネットショップのデザインは美的要素も重要ですが、顧客がショップを利用する際、快適に利用してもらえるよう構成要素をうまく配置することが大事です。

デザイン配置のポイント
  1. メインページに主力商品を配置し、顧客を惹きつけましょう。
  2. 買いたい商品を素早く検索できるよう、よく見える位置に検索ボックスを配置しましょう。
  3. 手軽に会員登録できるよう、登録に必要な項目を最低限に抑えましょう。
  4. 顧客が注文と決済を行うなかで迷うことのないよう、ボタンや情報の配置には細かく気を配りましょう。

cafe24では、プロのデザイナーが制作したデザインテーマを無料でご提供します。

デザインテーマ
3. 様々な決済方法の導入

注文中に顧客が希望する決済方法がなければ、顧客は注文をあきらめてしまいます。
様々な決済方法を設定することで、決済における利便性向上を図りましょう。
もちろん管理者が希望する決済方法もあるでしょうが、さらなる売上アップを目指して、まずは顧客の立場で検討してみてください。
利用率の高い決済方法を中心に、様々な決済方法を設定することをおすすめします。

決済方法の設定
4. SEOの設定

SEOとは、ネットショップや商品を検索した際に、自分のネットショップが検索結果の上位に表示されるようにすることです。
顧客の立場で考えた上で検索キーワードを設定すれば、お金をかけずに強力な宣伝効果を得られるでしょう。

SEO 設定
5. 魅力的な商品画像と詳細な説明

ネットショップでは、販売する商品の品質も重要ですが、インターネットの特性を踏まえると、商品の魅力を伝える手段として最も重要なのが商品画像です。
顧客の視線を惹きつける商品画像と購買意欲をかき立てる詳細な説明が欠かせません。

商品画像を撮影する

「プロのカメラマンに頼めない」「専用の機器を使えない」といった状況では、商品画像の撮影が難しいかもしれません。
このような場合は欲を出さずに、画像の背景を削除して商品を強調することで、統一感を持たせることをおすすめします。
画像補正プログラムを使える場合は、画像の背景を削除するなどのフォトレタッチを行うことで、あらゆる問題に対処することができます。
ネット上には無料で利用できる画像加工編集サイトやプログラムがたくさんありますので、それらを活用しましょう。
それができない場合は、白い布や壁を背景にして商品を撮影してください。

商品詳細

ネットショップの短所は、顧客が商品に直接触れることができないことです。
顧客は商品画像と詳細な説明、あるいは他の顧客のレビューに頼って商品を判断します。
そのため、商品詳細をどのように作成するかが購入率に大きな影響を与えます。
商品説明を上手に書くために、以下内容を参考にしてください。

1) 商品の顧客をターゲティングする

ネットショップ、あるいは商品にはそれぞれターゲット顧客層があります。
ターゲット顧客層、つまり目標とする購入者を想定しながら、実店舗だったらどのような対話でやり取りするかを想像しながら文章を作成してください。
そして次に、文章を読み直し、客観的な情報として使用できる部分を抜粋して簡単明瞭な文章になるよう形を整えれば、商品説明書の完成です。

2) 商品の強みを客観的に目立たせる

商品販売者が商品の短所について語ることはないでしょう。
「良い」「優れている」といった説明だけを並べがちですが、このような説明だけでは顧客から信頼を得ることは難しいです。
顧客は商品を購入する際に、その商品が日常のなかで不便に感じることや足りないところを解決できるものかどうかを考えます。
そのため、商品の客観的なメリットや、どのようなところを改善するのに役立つのかを強調するのもいいでしょう。
また、その商品がなぜ優れているのかを証明してくれる「特許認証書」などの公的資料を添付することもとても効果的なのです。

3) 読者の想像力を刺激する状況を提示する

科学的には、人間は商品を手に入れて所有しようとする欲求が強いと言われています。
しかし、ネット販売では、商品が到着するまで直接的な経験をすることができないため、顧客が商品を使って何ができるのかについて詳しい説明しなければなりません。
詳細な説明を通して顧客の想像力を刺激し、間接的な満足感を得られるようにすることで、購買意欲を高めることができます。

6. 安定した商品供給源の確保

商品とサービスの質が高く、ネットショップの運営に優れているとしても、肝心の商品がなければ何もできません。
商品を安定的に提供してくれる仕入先を確保することは非常に重要です。

安定的に商品を確保するために最も良いのは、管理者自身が商品の生産者であり、供給者であることです。
この場合、商品の差別化を図ることができるため、ネットショップ運営を成功させるには有利ですが、なかなか簡単に実現することはできません。
したがって、市場トレンドを徹底調査し、業界動向を把握した上で仕入先を選び、友好な関係を築けるよう努めなければなりません。

また、仕入先の事情によって商品供給が困難になった場合に備え、代案を用意しておくと安定的に商品を販売することができます。

7. 勤勉な姿勢でショップを管理する

ネットショップだけでなく、事業をするすべての人にとって重要なのが勤勉さです。
ネットショップの場合、24時間365日、オンラインでアクセスできる環境であることに注目する必要があります。
目まぐるしく変化するトレンドに注視しつつ、顧客が求めるものをタイミングよく提供するために、定期的に新商品をアップデートしましょう。

勤勉でなければ、ネットショップを成功させることはできません。

02失敗するネットショップ
1. 明確な目標や計画の欠如

前述の通り、ネットショップを開業するためには、綿密に計画を立てた上で事業計画書を作成する必要があります。
誰もが成功を願う中、何の準備もなく「うまくいくだろう」という漠然とした感覚だけでビジネスを始めるのは、裸で戦場に出るようなものです。
誰に、何を、どう売るのか真剣に問いかけ、計画することができないのであれば、むやみにネットショップ開業を試みてはいけません。

2. 宣伝やマーケティングのアンバランス

宣伝やマーケティングで失敗するネットショップは、大きく二つのケースがあり、
宣伝やマーケティングの重要性を見過ごしてしまうケースと、逆に、過度に集中してしまうケースに分けられます。

まずは、宣伝やマーケティングの重要性を見過ごすケースからみてみましょう。
宣伝によってネットショップの存在と商品の価値を訴えかけなければ、顧客は何の関心も持ちません。
適切な宣伝を通して顧客の関心を惹きつけ、マーケティングを通して顧客に買ってもらえるように誘導しましょう。
逆に、ネットショップ運営を始めてまもないうちに、費用をかけて宣伝やマーケティングを過度に行うと、スタートしたばかりのネットショップの未熟さをさらけ出すことになります。

最も理想的な宣伝やマーケティングは、別途の費用をかけることなく大型ECモールやブログ、SNSなどの無料チャネルを通してネットショップを宣伝することです。
そこから売上が発生し、利益が出るようになってから、お金をかけてマーケティングを行いましょう。

宣伝とマーケティングの重要性はわかっていても、どのように始めるべきか分からないこともあります。
そのような場合には、開業ガイド「マーケティング&売上アップ」を参考にしてください。分かっている場合でも、まずは中身から固めていきましょう。

   
3. サイト管理がきちんとなされていない

信頼できないサイトでお金を払って商品を購入する顧客はいないでしょう。
顧客の信頼を失う要因は様々ですが、最もリスクが高いのは「サイト管理がきちんとなされていない」という印象を与えることです。
ネットショップの信頼を失う代表的な要因としては、以下のようなものがあります。

  • ・ 新商品のアップデートが定期的に行われていない
  • ・ お問い合わせ対応が遅い
  • ・ ネットショップのデザインとレイアウトに変化がない
  • ・ お知らせの内容が古い

一見すると手軽に実行できそうなものばかりですが、多くのネットショップがこれらのことを守れず、顧客の信頼を失っています。
いくら熱心に運営したとしても、上記のような要素が満たされていないとすれば、顧客にその努力を感じさせることができません。
定期的なアップデートを通してネットショップが活発に運営されており、顧客とコミュニケーションが上手く取れているという印象を与えるようにしましょう。

特に、最も難しく感じるのは、ネットショップのデザインに関連した部分でしょう。
デザインには専門的な感覚とスタッフの力が必要ですが、専門家の能力によって出来上がりの質と費用に大きく差が出ます。
この部分に対する悩みを解消するため、cafe24ではプロのデザイナーがデザインしたネットショップ用テーマを無料でご提供します。
ためらわずにチャレンジしてみてください。

4. 差別化戦略の失敗

数え切れないほど多くのネットショップが出店しては廃業に追い込まれる状況で、オリジナルティ溢れるネットショップをつくることは、不可能に思えるかもしれません。
ししかし、その中で成功するネットショップをみてみると、他と違う何かがあります。
何かひとつでも優れた点があれば、溢れるネットショップの中で目立つことができるのです。

他のネットショップと同じ商品を提供するなら、もう少し専門的に踏み込んだ知識を提供したり、顧客からの問い合わせに素早く丁寧に対応したり、特色ある配送サービスを提供したりするなどの対策を講じる必要があります。
高度に特化できるところを全力で考え、発展させましょう。
小さな違いがとてつもなく大きな結果をもたらすという信念と、一つだけでも最高のレベルで提供するという志が必要です。

5. ターゲッティングと在庫管理の失敗

ネットショップの顧客層を決めた上で、それにふさわしい商品を揃え、宣伝やマーケティングを行うことは、ネットショップだけでなく、あらゆるビジネスにおいても基本です。
「みんなが欲しがる商品」は存在しません。
これを見過ごしてあやふやな状態でビジネスを始めると、結局顧客を呼び込むことができず、在庫の山を抱えたまま失敗してしまいます。
これは事前計画と事業計画書を作成しなかったゆえに引き起こされた失敗と言えるでしょう。
年齢や性別など、それぞれの条件を考慮した上で、確かな顧客層を定め、それにふさわしい商品を準備しましょう。




TOP