サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


売上アップにつなげる綿密な戦略

マーケティング&売上アップ

効果的なショップ宣伝方法と売上向上のための方法をご案内します。

マーケティング&売上アップのすべてを見る
01ショップのターゲット顧客層を把握する

ショップのターゲット顧客層を把握することは、成功にも直結します。
いくら優れたショップでも、すべての人に必要なものを販売することはできません。
そのため特定市場に焦点を合わせ、その市場内にいる顧客を目標に商品を販売すれば、大きな効果を得ることができます。

どんな人が商品を購入しているのか把握する必要があります。
年齢層、性別、趣向、関心事、インターネットで関心のある主な領域などを、詳しく調べましょう。
これを通して、マーケティングの方向を設定し、次第にそのターゲット層を広げていくことをおすすめします。

さらに、顧客に商品をもっと買ってもらうには、目標顧客層の消費動向を正確に知る必要があります。
彼らが好むキーワードとメッセージを伝え続けましょう。

販売する商品が決まっている場合は、該当商品をどういった顧客層がおもに購入するのか調査しなければいけません。
逆に、顧客層を決めたら、彼らが関心を持つ主要商品群が何なのか、徹底的な調査が必要です。

ショップ訪問会員を対象に、曜日別、時間別、等級別に詳しく分析することができます。

ネットショップ分析方法を見る
02自分のショップでのみ販売できる主力商品を選定する

ネットショップですべての商品がよく売れるようにすることは、とても難しいです。
だからこそ、ショップでどの商品を主力として押し出して販売率を高めるのか、戦略を立てることが重要です。
コア商品をショップのバナーに表示したり、メインに並べて表示したりするのもよいでしょう。

コア商品はショップを成功させる鍵であり、簡単には見つかりません。
以下の項目をチェックして、販売する商品の適合性をチェックしてみてください。

コア 販売商品選定基準
1) Markup (マークアップ)

Markup(マークアップ)とは、商品の価格を決めるもので、商品の販売価格から原価を引いた利益を意味します。
利益を得るためには、原価や商品の販売に関連する各種費用を差し引いても、管理者に一定金額が残るようにしなければなりません。
利益を確保しつつ、顧客が購入する価格を決めるためには、関連商品群について調査する必要があります。

2) 商品の季節性、流行性

季節の影響を受ける商品の場合、安定した売り上げを記録するのが難しいこともあります。
季節と関係のない商品を販売するのが理想ですが、季節性商品である場合は、一年中継続して売り上げを立てられる販売戦略を立てなければなりません。
販売商品が流行に敏感で、流行り廃りの変化が激しい場合、商品回転率をはじめ、市場参入や維持のために莫大な費用がかかるでしょう。

3) 競争優位性

ニッチ市場であるとしても、競争者がいることがあります。ニッチ市場に競争者が多くいるなら、それだけ将来性のある市場ともいえます。
競争者の先を行くためには、顧客の関心を惹きつけるために普通とは異なるブランディングやマーケティング戦略を立てなければなりません。
また、販売する商品がオフラインで手軽に売買できる商品であれば、顧客がオンラインで購入せざるを得ない要素をつくりだす必要があります。
高品質や低価格であることが競争力になります。

4) ターゲット層

販売する商品を購買する可能性が高い顧客層を考えなければなりません。
ターゲット層が持つオンラインショッピング能力と購買力を考慮し、適切なショッピング環境を提供しなければなりません。

5) 定期購入が必要な商品

販売商品が定期的に購入が必要な生活必需品かどうか考えてみてください。
生活必需品の場合、定期配送サービスを通して固定客を獲得できます。

コア商品を中心に、メインバナーやメイン商品領域を活用して販売促進を行うことが重要です。

03メインバナーを活用する

ショップ訪問客がショップに滞在する平均時間は約6~7秒と言われています。
短い時間内に訪問客を購買客にできるよう、視線を誘導することが重要です。
それではどのように顧客を誘導するのでしょうか?

顧客の視線を惹く効果的な方法は、ショップのメイン画面のバナーを利用することです。
メインバナーにより、訪問客はショップから去るか留まるか瞬間的に判断します。

   
1. 自分のショップだけのコンセプトイメージを掲載する

販売する商品によって、ショップの全体的な雰囲気が変わります。
また、商品の販売コンセプトによっても大きく左右されます。
例えば、キュート、シンプル、ゴージャスなどのコンセプトがあります。
このようなコンセプトに合った画像を掲載すれば、顧客にショップの雰囲気と販売商品を自然に認知させることができます。

2. イベントの案内

プロモーションを大々的に行うのも良いでしょう。
割引イベントを行えば、割引率、割引期間などを公開し、顧客の関心を引くことができます。

3. 季節に合わせた主力商品を宣伝する

初めて接する商品が魅力的であれば、注文に繋がります。
シーズンに合わせて強く薦めたい商品がある場合、バナー案内を利用するのもよいでしょう。

04多彩なプロモーションを試みる

多彩なプロモーションは、新しい顧客が商品に興味を持てるように誘導し、既存の顧客をお得意様にできる重要な機能です。
新規会員と既存顧客の特性に合ったサービスを提供するプロモーションを試してみてください。

例えば、特定シーズンに合わせて一定期間割引を行うことで、顧客の注目を集めることができます。
これにより、在庫商品を一度に処理することができます。
また、新規顧客には割引クーポンを提供することで、実際の注文につながり、ショップを体験してもらえるようにもなります。

cafe24のプロモーション機能
1) 割引クーポン

会員登録、記念日(誕生日)、商品のレビュー作成、初回購入の顧客など、それぞれの条件によって割引を受けられるクーポン

2) シリアルクーポン

商品価格の割引、ポイントの付与、預り金の付与など、顧客がショップでシリアルナンバーを入力してダウンロードするクーポン

3) サイト訪問チェックイベント

ログイン型、スタンプ型、コメント型のサイト訪問チェックイベントを通して、ポイントやクーポンを提供

4) 会員情報イベント

会員情報修正、パスワード変更、生涯会員への転換を条件にポイントやクーポンを提供

5) リワードプログラム

会員がショップを紹介し、紹介された知人がショップに会員登録をすれば、紹介者と被紹介者にポイントを付与

多彩なプロモーション機能の詳しい利用方法は、マニュアルでご確認ください。

プロモーションウェブマニュアル
05販売チャネルを拡大する

オンラインショップの宣伝には、さまざまな方法がありますが、宣伝はもちろん、販売も可能な方法があります。
別の大型ECモールの販売チャネルを利用する方法です。

特定大型ECモールに入店すれば、その大型ECモールでしか商品を販売することができません。
しかし、cafe24を利用すれば、複数の大型ECモールに連携することができるため、販売チャネルがさらに広がります。

大型ECモールの連携には、cafe24のマーケットプラスを利用してみてください。
別途に商品を登録しなくても、管理画面に登録された商品を基に、各 ECモールに商品が自動登録されます。
商品情報を修正しても、連携したすべての大型ECモールに一括してアップデートされるため、管理も便利です。

特に小さなショップの場合、大型販売チャネルに露出することで、顧客に商品への信頼感を与えられるとともに、宣伝効果も期待できます。

マーケットプラスはサービス申込みによって利用することができます。
下の申込みボタンをクリックし、ショップ 管理者のマーケットプレイスのメニューからサービスの詳細を確認してください。

マーケットプラスを申込む



TOP