サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


ショップ運営ノウハウ

アメリカのオンライン広告市場のトレンド

越境ECを検討する多くの事業者や企業が、アメリカのユーザーに自社ブランドを知ってもらえる効果的な手法について課題を抱いていると思います。
このページでは、そのような事業者に向けたアメリカの広告市場のトレンドやマーケティン方法について説明します。


オンライン広告の成長に注目

【各メディア広告市場でのシェア率】


2018年のアメリカ広告市場のメディア別の収益をみると、オンライン広告は約1000億ドル(約11兆1600億円)に上り、テレビ広告より高い数値を記録し首位となっています。

既に11年の時点からオンライン広告はケーブルテレビ広告の収益を超え、2013年にはテレビ広告の収益を超えたと言われています。

インターネット広告の影響力がいかに大きいものか実感できるでしょう。

【アメリカのオンライン広告
収入



【PCとモバイル広告収入の推移】


18年、アメリカのオンライン広告収入は前年比約22%の成長を遂げています。

09年以降、10年間でのオンライン広告の成長率は17%水準で持続的な成長が続いています。

これらの数字からアメリカ企業のデジタルマーケティングへのニーズが、ますます高まっていることが分かります。

特に、モバイル広告の成長率は、10年から着実に増えており、18年に前年比40%増加するなど、PC広告の成長率を超えたことを確認できます。


モバイルファースト戦略が必要

【PCとモバイル広告比率の推移】

アメリカのオンライン広告市場でモバイル広告のシェア率は継続的に増加しています。

12年に9%に止まっていたモバイル広告は、16年にPC広告シェア率を超え、18年には65%までシェア率が増えています。

アメリカ市場への進出を検討する企業や事業者は、スマートフォンなどモバイルデバイスを経由した検索広告やディスプレイ広告を展開する必要があります。

モバイルファースト戦略の一環として、SNSを通じた広告を活発に行う企業も増えています。


【SNS広告収益の推移】


18年下半期にはSNSを通じた広告収入は約160億ドル(約1兆7700億円)を記録し、12年から毎年平均して47%の高い成長率を示しています。

今後、アメリカでのオンラインマーケティングを展開する際には、「モバイル」と「SNS」を積極的に活用することがポイントになるでしょう。


オンライン広告で欠かせない 「Google」と「Facebook」

グロバールで共通しますが、アメリカの広告市場で「Google」と「Facebook」は、広告プラットフォームとして多大な影響を及ぼしています。

アメリカだけでなく世界の国々へオンライン広告が可能で、自社のターゲット層に合わせて効率的な広告展開も可能となっています。

特に、B2B企業の場合は広告配信を増やすよりも、セグメントに合わせたユーザーへ広告を配信することが重要です。Googleのキーワード広告を活用して、コアターゲット層を自社サイトに誘導する広告運営をお勧めします。
また、認知度向上を目指す中小EC事業者の場合、GoogleやFacebook広告を適切に利用することをお勧めします。ユーザーに興味を持ってもらえるコンテンツを制作して発信するなど、認知度やアクセス向上を図る広告戦略を立てることが必要です。

その他、「YouTube」「rewardStyle」などモバイルやSNS上で露出効果の高い様々な媒体の検討も行い、自社の状況に合わせたチャネルを使い分け活用することで、売上向上へと繋がるでしょう。

게시안함 삭제 수정 관리자게시



TOP