サービス利用案内

当サイトは、Internet explorer 11以上、Chrome, Safari, Firefoxの最新ブラウザに最適化されています。
ご利用のブラウザバージョンをご確認のうえ、最新のものにアップデートしていただきますようお願いします。
各ブラウザの「インストール」ボタンをクリックすると、ブラウザの最新版をインストールできます。


ショップ運営ノウハウ

SNS運営における5つのポイント

忙しい現代人は, 数ある情報の中から、自身に役立つ情報を取捨選択する傾向があります。
マーケティングにおいても、単なるキーワードやバナー広告だけでは、多様化するニーズに応えることが難しい時代となりました。
これにより、より精密なターゲット設定を行いマーケティングやSNSを活用して消費者とのコミュニケーションを増やす取り組みが必要です。

特に、越境ECを展開する多くの事業者は「海外でブランド認知度を高める方法」を課題として抱えていると思います。
今回のページでは海外ユーザー向けSNS運営における5つのポイントについて説明します。
Facebookマーケティングに関する詳しい情報は、こちらのページでご確認ください。


ポイント1

Prioritize the social networks frequented by your target customers and identify their goals and objectives.
(ターゲット顧客が頻繁に使用するSNSに優先順位を付けて、その目標と目的を明確にする)

SNSを活用したマーケティングを展開する際、キャンペーン運営の目標と目的を設定することが最も重要です。

次の項目を考慮して運営するSNSを選択し、優先すべきチャネル整理を行う必要があります。

▶自社ビジネスに役立つチャネル選定
▶主力運営チャネル選定
▶潜在顧客が最も利用するチャネル確認
▶選択したSNSでターゲティング可能な顧客分析

このような分析を行い、SNS運営方法やどのようなコンテンツを作成するか計画を立てることをお勧めします。


ポイント2

Lead the conversation in a tone and manner that is most familiar to them
(自身に一番馴染みのある口調と態度で会話をリードする)

事務的な堅い表現より、ユーザーが親しみを感じられるコンテンツを作成することが大切です。

また、自社広告ページリンクや広告イメージだけを掲載するのは、ユーザーから反響を得ることは難しいかもしれません。

ユーザーとのコミュニケーションをとることで、徐々に関心を持ってもらう事がポイントです。

これらを通じて、自然にブランドイメージと広告メッセージに関心が持たれるようユーザーへアプローチするといいでしょう。


ポイント3

Understand their Needs
(ニーズを理解する)

SNSを活用して消費者と良好な関係を築くためには、消費者が何を求めているのかしっかりと把握する必要があります。

ターゲット顧客層の興味やコンテンツ形態、配信手法など徹底した分析を行いましょう。

消費者が自社商品に対して関心や興味を持ち、抵抗なくサイト訪問ができるまでは時間を掛けた取り組みが必要です。


ポイント4

Produce Valuable Content
(価値のあるコンテンツ制作)

多くの情報を提供することがユーザーにとって、必ずしも良いコンテンツとは限りません。

魅力的なキャッチコピーやインフォグラフィックなど様々なイメージを提示することで、ブランドメッセージをより効果的に伝えることが出来ます。

特に短い文章でコミュニケーションをとるSNSの場合、魅力的で伝わりやすいコンテンツを制作するとユーザーによるバイラルマーケティングを期待できます。

これにより、顧客反響(CV)や認知度向上に繋がり、最終的に売上向上にも貢献することができるでしょう。

ポイント2でも前述しましたが、広告コンテンツだけを投稿するSNSアカウントは、ユーザーから反響を得ることは難しくなります。

SNSコンテンツ8割はユーザーにとって価値ある情報で構成、残り2割で自社商品やブランドストーリーを投稿することをお勧めします。


ポイント5

Optimize your social media accounts and use hashtags often
(SNSアカウントを最適化し、ハッシュタグを頻繁に使用する)

SNSの場合、ブランディングを工夫し最適化した状態での運営が必要です。

自社ブランドに関連するキーワードを厳選してコンテンツ作成に積極的に取り組むことと良いでしょう。

自社チャネルの特徴に合わせたハッシュタグ機能を通じて、口コミやバイラル効果を最大限に活用する必要があります。

ハッシュタグを活用するとアクセス向上が期待できますが、ハッシュタグを付け過ぎるとユーザーに不快感を与える恐れもあるので適切な頻度での活用を心掛けましょう。

また、自社サイトへの訪問者をSNSへ誘導させる取り組みも必要のため、メインページにSNS共有ボタンやSNSアカウント情報を表示させることをお勧めします。

今回のページでは、SNS運営の際に注意すべき5つのポイントについてお伝えしましたが、SNS運営のキーポイントは「ユーザーとのコミュニケーション」と言えるでしょう。

SNSアカウントを運営する事業者は、ターゲット層に合わせたSNSの選択、チャネルに合ったコンテンツ制作、様々なキャンペーンを展開することがポイントとなります。

これらにより、ブランド認知度向上と自発的なフォロワーを増すことで成功的な越境ECビジネスができるでしょう。

게시안함 삭제 수정 관리자게시



TOP